能登半島産黒ニンニクを使った商品開発-御茶ノ水ファクトリー-

img_20170111_130711

世界農業遺産に登録されている「能登半島」にて、里山のやっかいな「竹」から展開する新たな資源循環サイクルプロジェクトのビジョンや、関わる方々の想いにふれてきました。

15079051_1140071432742932_1451302363231929381_n

15036335_1140071489409593_2825515019116427985_n

15055675_1140071412742934_30708909035371431_n

壊れた細胞を修復し、細胞分裂を促し、かつ還元作用(抗酸化作用では若返りは出来ない)というトリプル効果が期待できる「孟宗竹」は、御茶ノ水ビンデンでもエキスやソルトを販売PRし、応援しております。

それを農業から福祉、医療から健康という竹林を中心とした里山づくりで何をおこせるか。農業を起点として、観光、教育、医療へと昇華できるかが今後の論点です。

img_20170111_130152

さて、写真は孟宗竹の自然熱で熟成された能登の黒にんにくです。間伐した竹のチップを積んだ山にニンニクを入れ、自然熱(60度ぐらい)を利用し、ゆっくり熟成した能登の黒にんにくを。

熟成した黒にんにくは県の試験場にて成分分析し、機器の熟成よりも栄養価が高まると実証済みです。熱を利用して使い終わった堆肥といい、孟宗竹の活用による地域興しの取り組みに脱帽です。早速いただいた黒にんにくをつかった料理も御茶ノ水店で考えたいと思います。

img_20170111_130421

御茶ノ水ビンデンで完成した「黒ニンニクと〇〇のソース」です。御茶ノ水という東京のど真ん中で、生産者や加工業者の顔が見える工場経営(御茶ノ水ファクトリー)を発信してまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各種ご相談・お問い合わせはこちらから
NPO会員の申し込みはこちらから
インターネットでのご購入はこちらから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 2CD2863F-63C5-476C-B96A-B4B1EBEE2157 合挽きひき肉とごぼうの卵とじ弁当
  2. IMG_9641 白身魚のフライ弁当
  3. IMG_0534 ナスのひき肉あんかけ弁当
  4. IMG_0121 秋の味覚が楽しめる天ぷら盛り合わせ弁当
  5. IMG_2464 お母さんの手作りジャンボコロッケ弁当
  6. img_20161205_101013 本日のお弁当-大根と手羽中の煮込み弁当-
  7. IMG_0135 御茶ノ水お母さんのお弁当はスクエアーミートローフ弁当です
  8. IMG_0401 生あじのフライ弁当 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP